日本のマーケティングリサーチ、市場調査をリードする日本リサーチセンターはギャラップ・インターナショナルのメンバーです。


お電話でのお問い合わせはこちら 03-6667-3400


【日本リサーチセンター】Home >> マーケティングがわかる事典 オンライン版 >> 詳細

マーケティングがわかる事典 オンライン版

[市場戦略の理論3] マーケティングの3C

「顧客」「競争相手」「自社の実力」を知ること。企業活動の原点ともいうべき概念。

3Cとは
 市場戦略を構築する際に重要なのは、顧客と競争相手、そして自社の実力を知ることです。企業活動の原点ともいうべきこれらを、それぞれ(Customer Competitor Company)の頭文字をとって「マーケティングの3C」と呼びます。

顧客分析
 顧客についてはその規模、購入行動、購入重視点、使用状況などを把握します。ビールを例にすれば、どのくらいの数の人がどの程度の頻度で飲むのか、何を参考にどこで購入するのか、その銘柄に決める理由は何か、誰とどこでどのようにして飲むのか、などを理解することが必要です。

競合他社分析
 競合他社とは共通の商品分野で同様なタイプの消費者層をターゲットとしている他企業であり、市場の捉え方によって様々に想定することができます。例えば、ビールという狭義の商品分野での実質的な競合他社は4、5社ですが、広義に捉えれば、ウイスキー、ワイン、日本酒、焼酎などの様々なアルコール飲料の企業が想定されてきます。

内部分析
 自社の経営資源について理解することを「内部分析」といいます。企業文化、組織、技術力、製品特性といった社内資源と、シェア、認知率、ブランド・イメージといった市場での地位について、他者との比較の中で自社の強みと弱みを捉えます。

3Cと市場戦略
 顧客、競合企業、自社という「3C」を分析する中から、具体的なマーケティング策が生まれます。「3C」は絶えず変化するので、それらの動きを迅速に把握できる情報収集システムの構築が重要となってきます。