【日本リサーチセンター】Home     ソリューション   RET カスタマージャーニーリサーチ

RET カスタマージャーニーリサーチ

RETで、ユーザーの体験をリアルタイムに収集し、
カスタマージャーニーマップで、購買行動プロセスを可視化するため、
インサイトの発見と最適な戦略・アクション構築に役立ちます

ステップ1RETによるユーザー体験の収集

RET(Real-time Experience Tracking) 対象者は、一定期間、指示された体験をするごとに、常に持ち歩いているスマートフォンから回答します
ユーザーの体験や心の動きをリアルタイムに追跡する調査手法です

ステップ1
ステップ2CJMでプロセスをストーリーとしてマップ化

カスタマージャーニーマップ(CJM) 顧客と企業・商品とのあらゆる接点(タッチポイント)を時間軸上に描き、購買に至るプロセスをストーリーとして図にします
ユーザー行動の全体像を繋がり(ストーリー)で把握できるため、新しい発見や気づきを得るのに役立ちます

ステップ2

RETの特長

  • タッチポイントに接触するたびに、その体験を行動と感情のセットで回答してもらうため、記憶に依存しない

従来法 自宅で思い出しながら回答

記憶に頼る
想起回答では、印象的な出来事が過剰に評価されたり、態度変容の重要な体験や感情を忘れてしまう
事実(ログデータ等)だけでは、理由がわからない
意識だけでは潜在意識が読み取りづらい
行動観察調査で、点として情報を積み上げるだけでは、生活全体が俯瞰できない

RET 体験したその場で回答

記憶に頼る
忘れがちなその瞬間の気持ちや、後の消費行動の重要な伏線となる小さな体験も把握できる
意識と事実をセットでキャッチし、そのギャップから、潜在意識が探れる
一定期間一連の行動を把握することで、生活における位置づけや体験の繋がりが見えてくる

カスタマージャーニーマップ(CJM)とは

  • 関係者が集まり、ワークショップ形式で分析
  • ペルソナをイメージしながら、プロセスごとにタッチポイント、体験・行動、意識・感情を整理しストーリー化
カスタマージャーニーマップ

※弊社自主調査の結果を参考にして作成

作成ステップ

進め方(スケジュール)

企画設計
  • 課題のヒアリング
  • 行動プロセス仮説協議
  • ニーズ仮説協議
実査:RET
  • スクリーニング調査
  • RET調査
  • コミュニティ調査
分析準備
  • データ整理
  • 価値の抽出
  • 仮ペルソナの作成
ワークショップ
  • CJMを作成
  • 戦略・施策案の検討

パンフレットはこちら

お問い合わせ窓口

「RET カスタマージャーニーリサーチ」についてのご質問やお問い合わせは、以下までご連絡下さい。

株式会社 日本リサーチセンター
     広報室 担当:小宮山学
TEL:03-6667-3150 / FAX:03-6667-3438
E-mail:information@nrc.co.jp
お問合せフォームへ