【日本リサーチセンター】Home     調査レポート一覧     調査レポート詳細

NRCレポート

WIN/ギャラップ・インターナショナル・アソシエーション 国際世論調査 アメリカ合衆国大統領選挙に関する世論調査 -45カ国グローバル調査-

公表日 2016年10月13日

 株式会社日本リサーチセンター(本社:東京都中央区、代表取締役社長 鈴木稲博)が加盟しているWIN/ギャラップ・インターナショナル・アソシエーションでは、今年7月から9月にかけて、世界45カ国の人々を対象に「アメリカ合衆国大統領選挙に関する世論調査」を実施しました。
 この度、その調査結果がリリースされましたので、日本の属性別調査結果を加えて、日本版レポートを発表いたします。ご高覧いただければ幸いです。

主な調査項目

  • 投票するなら、クリントンか、トランプか?
  • アメリカ合衆国大統領選挙の自国への影響度は?
  • テロとの戦いに対するアメリカの資源投入は?
  • オバマ大統領は、アメリカの国力を強くしたか、弱くしたか?

調査結果の要約

  • アメリカ合衆国大統領選挙に投票するなら、世界全体と日本ではクリントン氏が優勢
    • アメリカ合衆国大統領選挙に投票できるとしたら誰に投票するかを質問した結果は、アメリカでは、「ヒラリー・クリントン」が48%で、「ドナルド・トランプ」の41%を上回った。
      しかし差は6ポイント程度で、両者の支持は拮抗している。
    • 「クリントン」支持は、世界全体(アメリカを除く世界各国の計)では59%、日本では60%と高い。
  • アメリカ合衆国大統領選挙が自国に与える影響は大きいとの回答が多数
    • 世界全体も日本も、約7割がアメリカ合衆国大統領選挙は自国への影響が大きいと回答。
  • テロとの戦いに対するアメリカの資源投入について、アメリカ、世界全体、日本で意見に違い
    • アメリカでは「増やすべき」と「現状維持」が同程度。世界全体では「増やすべき」が最も多く45%。
    • 日本は「わからない」が46%で最も多く、次いで「現状維持」が2番目に多く「増やすべき」を上回る。
  • オバマ大統領がアメリカの国力を「強くした」か「弱くした」かは、アメリカ、世界全体、日本で評価に違い
    • アメリカでは、オバマ大統領がアメリカの国力を「強くした」と「弱くした」が同程度で評価は拮抗。
      世界全体では「強くした」が47%だが、日本は「わからない」と「変化はない」が多い。

調査概要

  • 調査方法
    訪問調査、電話調査、オンライン調査
  • 調査対象
    世界45カ国
  • 有効回収数
    44,194人(サンプル)
  • 調査期間
    2016年7月〜9月

詳細は、下記ファイルをご参照ください。

WIN/ギャラップ・インターナショナル・アソシエーションとは

1947年にジョージ・ギャラップ氏とヨーロッパの仲間によって設立され、チューリッヒに本部があります。
現在世界の70カ国以上でメンバーを持ち、100カ国以上の国々で世論調査や市場調査を実施しています。
※米国調査会社Gallup, Inc.とは関係ございません。

※ご依頼・ご相談は、「お問い合わせ窓口」もしくはホームページの「お問い合わせフォーム」にてご連絡ください。

お問い合わせ窓口

株式会社 日本リサーチセンター
WIN/GIAアメリカ合衆国大統領選挙に関する世論調査 担当
下瀬川・道広
TEL 03-6667-3139
お問い合わせ専用Eメール information@nrc.co.jp